ISO | ろ過装置(濾過器)、分離機、分離装置の専門メーカー東洋スクリーン工業株式会社

ISO

ISO 14001 / ISO 9001 認証取得

ISO14001 / ISO9001 認証取得

環境マネジメント ISO 14001 /品質マネジメント ISO 9001

環境マネジメント ISO14001 /品質マネジメント ISO9001

当社では環境マネジメントISO 14001の認証を1997年10月に、品質マネジメントISO 9001の認証を2005年8月に取得して、社の運営に活用してまいりました。

2008年4月よりこれらを統合し、新たに「統合運営システム」:IMS
(Integrated Management System)として運用を始めています。

※画像をクリックするとPDFファイルがご覧になれます。

経営理念

当社は、自らが設計・製作・販売する分離・分級装置の各業務において、次のことを確実にするために、ISO9001 に基づく「品質経営システム(QMS)」並びに ISO14001 に基づく「環境マネジメントシステム(EMS)」を維持することを継続する。

1. 製品品質の向上、納期の厳守、並びにコスト削減のため業務の改善・向上を目指す。
2. 資源消費削減と、リサイクル、廃棄物の減量化並びに環境汚染の防止を実行し、地球環境の保全を目指す。
3. 社員の安全管理と健康管理に努める。

統合運営システム基本方針

当社は、業務を継続するに当たり、統合運営システムの基本方針として下記を定め、全社員に知らしめ、維持する。

1. 品質関連事項を満たすために、企業活動のあらゆる面において QMS の継続的改善並びに顧客満足度の向上を図る。
2. 地球環境保全を認識し、企業活動において、EMS の継続的改善並びに周辺地域との協調を図る。
3. 社員の安全と健康のため、職場の安全・衛生管理に努める。

基本方針細則

  • 上記基本方針並びに年度方針に基づき、各部門毎に年度目標を設定し、行動計画の進捗度について定期的に再点検することとする。
  • 全社員に下記項目の実施義務を自覚させ、教育・訓練、啓蒙活動を行い、周知徹底を図る。

    1)QMSの理解、品質に対する意識の向上、並びに顧客要求事項に応えることの重要性の認識の徹底
    2)EMSの理解、環境に対する意識の向上、並びに汚染の予防
    3)労働安全衛生に対する意識の向上、並びにリスクの削減

  • 全社員は、統合マニュアルに定める品質、環境並びに労働安全衛生に関する統合運営システムを理解し、この規定事項に例外なく従う。
  • 品質、環境、労働安全衛生に関する法令・規制の要求事項並びに当社が同意する要求事項を遵守すると共に、統合マニュアル並びにISO各規定に基づき会社運営の強化・向上に努める。
  • 統合運営システムの有効性の継続的改善を確実にするために、マネジメントレビューを実施し、PDCAのサイクルを廻す。
  • 統合運営システムの適切性を持続するために、上記方針を必要に応じて見直すと共に、外部からの要請があればこれを開示する。

2008 年7月には第三者監査機関(SGS ジャパン)の監査を受けました。今後ますます「統合システム」の効果を高め、社員の安全と健康の下、環境に配慮した高品質な製品造りに努力して参ります。