クーラント液中の切粉回収 | 事例紹介 | ろ過装置(濾過器)、分離機、分離装置の専門メーカー東洋スクリーン工業株式会社

事例紹介

ろ過(固体サイズ:~100μm)

クーラント液中の切粉回収

  • 某メーカー担当者様
  • 課題
  • 東洋スクリーン工業営業担当
man
切削により発生する切粉を含んだクーラントを
ドラム型のろ過装置でろ過し、設備を循環しています。

しかし織金網を使用したろ過フィルターでは、
目詰まりにより循環能力が低下する不具合が発生、
フィルターが破れてしまう
事も度々ありました。

その為定期的及び突発的にフィルターを交換する必要があり、
効率的な生産が出来ずにいました。

フィルターの目詰まりを防止する為、
フィルターの目開きを変更したり、パンチング網を試したり、
フィルター洗浄ノズルを改善するなどの試行錯誤を実施してきました。



.

表面が平らで、断面が逆三角形のウェッジワイヤースクリーンでしたら
目詰まりしにくく、織金網よりも太い線径を持つ為丈夫で
メンテナンスの頻度を減らすことも可能
です。

ウェッジワイヤースクリーンは板状のものだけでなく、
円柱状のものもありますので、ドラム型フィルターにもご利用いただけます。

woman
   

テスト後

man
実際に東洋スクリーンの本社工場にも足を運び、
自社からクーラント、切粉を持ち込んでのテスト
を重ね、
製品が信頼できることを確認しました。

また、ろ過精度を向上させる目開きの見極めテストを実施し、
効率的な目開きのものを選定するテストを行いました。
 

導入後

フィルターの交換は、以前は年に数回だったものが、
ウェッジワイヤーでは0回に

生産効率が向上され、
設備内での交換作業の必要もなくなりました

 
 
 
 
 
  • 前のページ
  • 一覧へ戻る

その他の事例をご覧になりますか?目的・用途からお選びいただけます。

  • ろ過
  • 固液分離
  • 濃縮・脱水
  • 洗浄
  • 分級・分別